大切な人へジュエリーのプレゼント、自分へのご褒美にジュエリーのプレゼント。ジュエリーを選ぶ際に役立つジュエリーの基礎知識をご紹介します。ジュエリーで使用される貴金属・宝石の説明から、購入後のジュエリーのお手入れ方法などをわかりやすく、ジュエリー販売の経験を元にご説明いたします。是非、参考にして下さい。
プレゼントジュエリー 貴金属 宝石


  グッチ Gucci



グッチ (Gucci) は、イタリアのファッションブランドです。創立者はグッチョ・グッチ (Guccio Gucci 、1881年 - 1953年)。衣服の他、バッグ・財布・靴・香水・時計・ジュエリーなどを幅広く手がけている。また、会社組織としてのグッチ・グループを指すこともあります。

グッチ歴史

1881年、グッチョ・グッチが誕生しました。父親のガブリエロ・グッチはフィレンツェで麦藁帽子の製造を行う「ガブリエロ」という零細帽子製造会社の社長でした。グッチョはイギリスのロンドンで一旗揚げようと決心し、蒸気船の期間助手として働きながらロンドンに辿りつきました。ロンドンでは最下級の労働者としてではあったが、最高級ホテルのサボイ・ホテルに職を得ました。

グッチョはサボイ・ホテルの皿洗いから一階のウェイターに出世しました。それでも低賃金ではあったが、王侯貴族御用達ホテルであったのでチップには不自由しませんでした。また、王侯貴族の立ち居振る舞いを間近で見る事で、持ち物や物の考え方などを学びました。さらにグッチョが学んだことは、「原価は何も意味を持たない。むしろ商品の値段が高ければ高いほどそれを所有する事の価値も高くなる」ということです。この経験は後のブランドビジネスに大いに活かされる事となります。多くの事を学び、グッチョは1901年にフィレンツェへ帰りました。

帰国後はいくつかの商店で働き、第一次世界大戦の始まりとともに徴兵されました。大戦後の1919年にフィレンツェへ戻り、高級レザーグッズの店である「フランツィ」に職を得て皮革の扱い方を習得しました。そして、1922年にフィレンツェのパリネオ通りに自分の店を開き、1923年に GUCCI の店名を掲げグッチの歴史が始まりました。グッチが主に扱ったのはイギリスから輸入した鞄とその修理でした。この鞄の修理によって、壊れやすい箇所や、そこをどう作れば良いかなどの旅行鞄の作り方を研究することができ、使いやすく丈夫な鞄を作る術を学ぶことができました。

第二次世界大戦が始まるとイタリアでも皮革は統制品となり革が使えなくなってしまったが、代用品としてキャンバス地にコーティングを施して使う事になります。その配色が思わぬ人気を博したのは幸運でした。1953年、グッチはアメリカ・ニューヨークに支店を出しました。グッチョの反対を押し切る形で息子のアルド・グッチが開いたものでした。同年夏グッチョ・グッチ死去。

グッチョには非常に多くの逸話が残されているが、有名なものに、イタリア訪問中のエリザベス2世が同店を訪問した時、女王付の侍従が彼に「何か陛下にプレゼントを」と進言(というか催促)したので、鞄を女王に進呈したが、女王一行が去った後、報道陣がまだいるにもかかわらず「金も払わん乞食はもう来るな」と発言をした、というものがありました。

このようにエキセントリックな言動が目立つが、職人からは信頼されていたし、彼も職人を愛していました。その証拠にグッチには他の高級ブランドとは異なり、材料費さえ払えば職人が妻や娘、恋人に鞄を作っても良い、と言う日がありました(現在は消滅している)。これは、同社の製品が職人の家族にとって中々手の届きにくいものであったことから、グッチョが自発的に考え付いた職人の家族へのサービスです。



ジュエリーのジャンル別一覧
ブランドで探す
宝石別で探す
素材別で探す
形(モチーフ)で探す
誕生石、星座石で探す
結婚記念日ジュエリー
ブライダルジュエリー
ペアジュエリー
出産祝いジュエリー
ハワイアンジュエリー
その他ジャンル
ジュエリーグッズ

貴金属、宝石について
貴金属編
ダイヤモンド編
5大宝石編
稀少石編
宝石一覧編

ジュエリーの選び方
ブライダル編
プレゼント編
コーディネート編
鑑定書、鑑別書編
宝石の硬度編

ジュエリーのメンテナンスはどうしたらいいの?
お手入れ編
修理編

使わなくなったジュエリーはどうしたらいいの?
リフォーム編
下取り編

パワーストーン
誕生月石編
星座石編
結婚記念日石編
誕生日石編



サイトについてサイトマップリンクについて相互リンク1お問い合わせ
Copyright C 2009 プレゼントジュエリー All Rights Reserved.
プレゼントジュエリーに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は承諾なしに無断転載することはできません。