大切な人へジュエリーのプレゼント、自分へのご褒美にジュエリーのプレゼント。ジュエリーを選ぶ際に役立つジュエリーの基礎知識をご紹介します。ジュエリーで使用される貴金属・宝石の説明から、購入後のジュエリーのお手入れ方法などをわかりやすく、ジュエリー販売の経験を元にご説明いたします。是非、参考にして下さい。
プレゼントジュエリー 貴金属 宝石


  エルメス Hermes



エルメス (Hermes) は、フランスのエルメス・インターナショナル社 (Hermes International, S.A.) が展開するファッションブランド、商標です。エルメス社は馬具工房として創業したが、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移して成功しました。

エルメスの歴史

エルメス社の母体になったのは、ティエリ・エルメス(Thierry Hermes、1801年 - 1878年)が1837年にパリに開いた馬具工房です。現代ではエルメスと言えばバックをイメージする人がほとんどだと思います。歴史の中で名高いナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展していきました。

ティエリの孫にあたる3代目のエミール=モーリス・エルメス(Emile-Maurice Hermes、1871年 - 1951年)は事業の多角化に着手しました。1892年には、馬具製作の技術を基にエルメス最初のバッグ、サック・オータクロア(sac haut-a-croire、現在の名前はオータクロア)を製作。1927年に腕時計を発表。さらに服飾品・装身具・香水などの分野にも手を広げ、それらの製品のデザイン、製造、販売をすべて手がける会社になりました。

1980年代から1990年代にかけエルメス社はシャツや帽子を発注していた会社を次々と買収したが、リシュモン(カルティエの母体)やLVMH(ルイ・ヴィトンの母体)の買収戦略と異なり、職人技の維持を第一目標にしてのものであり、そのため買収対象は比較的小規模の会社に止まっていました。

エルメス社が1997年に初めて作った社史は漫画形式で、日本の漫画家竹宮惠子に依頼して制作された(『エルメスの道 LE CHEMIN D'HERMES』、日本での初刊は中央公論社)。

2004年、マルタン・マルジェラの後継として、ジャン=ポール・ゴルチエがデザイナーに就任しました。2004年パリ・コレクションではエルメスの伝統である馬具・皮革製品を意識し、伝統に配慮しつつ、オレンジ・黒を中心とした鋭角的でかつブランドの風格を意識したデザインを発表しました。



ジュエリーのジャンル別一覧
ブランドで探す
宝石別で探す
素材別で探す
形(モチーフ)で探す
誕生石、星座石で探す
結婚記念日ジュエリー
ブライダルジュエリー
ペアジュエリー
出産祝いジュエリー
ハワイアンジュエリー
その他ジャンル
ジュエリーグッズ

貴金属、宝石について
貴金属編
ダイヤモンド編
5大宝石編
稀少石編
宝石一覧編

ジュエリーの選び方
ブライダル編
プレゼント編
コーディネート編
鑑定書、鑑別書編
宝石の硬度編

ジュエリーのメンテナンスはどうしたらいいの?
お手入れ編
修理編

使わなくなったジュエリーはどうしたらいいの?
リフォーム編
下取り編

パワーストーン
誕生月石編
星座石編
結婚記念日石編
誕生日石編



サイトについてサイトマップリンクについて相互リンク1お問い合わせ
Copyright C 2009 プレゼントジュエリー All Rights Reserved.
プレゼントジュエリーに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は承諾なしに無断転載することはできません。